愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築探訪【9】(静岡新聞・静岡放送東京支社 設計:丹下健三)



先日、黒川紀章さんの中銀カプセルタワービルをご紹介しましたが、

すぐ近くに同じような考え方に基づいて設計された

「静岡新聞・静岡放送東京支社」

があります。


設計はこのブログで何度も登場している

丹下健三さん

静岡新聞


竣工は1968年。
中銀カプセルタワービルは1972年竣工なので、少しばかり遡りますね。


その考え方とはメタボリズム

新陳代謝

=「有機体としての生物が新陳代謝しながら成長していくように建築・都市も建設されるべきである」

というものです。

中心を軸にして葉っぱの様に事務所スペースが設けられていますね。

まるで木の枝

会社の成長、都市の成長に対応しうる構成

つまり、この中心のコア部分が上にのびることによって、事務所を増やしていくことができる

という考え方なのです。


中銀カプセルタワービルでは成長につれてカプセルを交換できるという考え方。


どちらも実際には不可能だったわけですが

やはり、この時代の建築哲学にはあっぱれです。

おもしろすぎますよね。



弊社は山形県庄内地方への移住を支援しています。
詳しくはainak(アイナック)のホームページにアクセスしてみてください!
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

建築探訪【8】(横須賀美術館 設計:山本理顕)



山形県酒田市のそばで育った私としては、たまにふとを見たくなるときがあります笑

青いを見るとほっとするんです。

今回はNHKの朝ドラあまちゃんを見ていたら、急にが見たくてたまらなくなったのです笑

そういうわけでゴールデンウィーク3日目、ようやく時間が取れたので近場の横須賀に行くことにしました。


北朝鮮がミサイルを撃つとか撃たないとかで、米軍基地がある横須賀もちょっとだけ不安に包まれましたが、今日は青い空とに囲まれ、穏やかな空気が流れていました。

ちなみに、小泉純一郎、その息子の小泉進一郎さんのお膝元でもありますね。


さて、今回ご紹介したいのは

山本理顕さん設計の

横須賀美術館


横須賀美術館 山本理顕


訪れるのは二回目ですが、とても好きな美術館の一つです。

三方を山に囲まれた谷戸状の地形に、北側のに向かって大きく開くように配置されています。

あえて、高さを低く抑えるために、建物の約半分が地下に埋め込まれてあります。

紺碧の海と空、美しい緑を帯びた山と芝のコントラスト。

そんな自然の中にすっきり馴染むデザインがとても好きですね。

中は柔らかな陽だまりにあふれ、心地よく展示品を見ることができます。


ちなみに

「街の記憶」―写真と現代美術でたどるヨコスカ

の展覧会が行われていました。

駅からバスを乗り継がなければなりませんが、ぜひ一度行ってみてください。



弊社は山形県庄内地方への移住を支援しています。
詳しくはainak(アイナック)のホームページにアクセスしてみてください!
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ



建築探訪【7】(中銀カプセルタワービル 設計:黒川紀章)


今日は新橋、汐留方面に所用があったため、ついでに銀座八丁目にある

あの黒川紀章の代表作

中銀カプセルタワービル」

を久しぶりに見てきました。


このボコボコ感

いつみても面白い!!

中銀カプセルタワー 黒川紀章


最近はどちらかというとシンプルな建築ばかりで、なかなかこういった複雑な建築作品は現れないですよね。

シンプルな機能、スマートな形態の商品が求められ、複雑なモノをつくるのが許されない社会なので仕方がありませんが。
景観という面でもなかなか受け入れがたい社会になってきているのではないでしょうか。

そもそもこの建築がつくられたのは、黒川さんが38歳のとき。

高度経済成長という当時の日本の人口増加と都市の急速な発展に応えるものとして

メタボリズム

という考え方が一種の流行といいましょうか、そんな建築運動が行われていました。


メタボリズムとは新陳代謝

つまり

「有機体としての生物が新陳代謝しながら成長していくように建築・都市も建設されるべきである」

という理論です。

写真からはわかりづらいですが、カプセルの数は140個もあります。

ひとつのカプセルは2.3m×3.8m×2.1mの大きさで、バス、トイレ、キッチン、テレビ、収納、デスク、ベットが備え付けられている
究極の狭小ワンルームマンション

です。

このカプセルが都市の成長に合わせて交換できるシステム=これがこのビルのウリなのです。

黒川さんは25年ごとにこのカプセルを交換することを想定しており、それが実現した場合、この建物は200年もつといわれています。

ですから、本来ならばメタボリズム理論を実践し、25年ごとにカプセル交換を行ってきているはずなんですが・・・

実は・・・完成後・・・一度も交換が行われていません笑

どうしてかというと、カプセルは取り替えることができても、配管の取替えはできない構造になっているからだそうです笑

そのため、雨漏りが発生するなど、建物コアの部分の老朽化が進み、さらには、アスベストなどの問題もあり、2007年に建て替えることが決定してしまいました。

地上14階建てビルへの建て替えが計画されているそうです

なんとも無念。。




黒川さんの晩年は政界にも進出し、少し奇異な行動も見受けられましたが、私はずっと前から大好きな建築家でした。

発想が面白いでしょっ


建築が有機体としての生物ならば、必ず老いるもの、枯れていくもの、朽ち果てていくもの・・・

だとするならば、都市が縮小している現代社会において、柔軟に変化していく建築がもっともっと現れてきてもいいのでは??

メタボの反対語はカタボリック(運動過多による栄養不足)というそうです。

その略称=カタボ

これからの時代はメタボリズムではなく、

「カタボリズム」!!!

近年「減築」という言葉も生まれましたが、そんな建築運動が起こっても楽しそうですね。




弊社は山形県庄内地方への移住を支援しています。
詳しくはainak(アイナック)のホームページにアクセスしてみてください!
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。