愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一式」でごまかされた家づくり!!見積もりで会社の良し悪しがわかる!?



家を建てるときにやっぱり気になるのがコストですよね。


一般的に見積書というものを掲示されて家づくりのコストを知ることになります。

見積書


ただ、今まで約2000人の施主にお話を聞いてきましたが、多くの方が

「金額の意味がわからない」

と言います。


当たり前です。

「大工工事一式」
「建具工事一式」
「塗装工事一式」

という分類でとても曖昧だからです。

また、広さで全体のコストを決める

「坪●万」

という表示方法も、何とも不可解です。


「予算内におさめたい」という施主の要望に対して、設計者だってさえ、この見積もりを見て、どこのコストを減らしたらいいのかわからない方もいるほど。

素人にはわかるはずもありません。


なかなか新築では難しいのですが、
もし可能なら、できる範囲で「工事別」でなく「部位別」の見積もりをお願いしましょう。

そして、これが不可能な場合でも、同じようなプランで複数社見積もりを取りましょう。

比較ができれば、心に決めている会社の見積もりが妥当かどうか、大体見えるようになってきます。
また、見積もりの形式で、その会社の「丁寧度」も見えてきます。

電卓


親切な会社なら「原価」まで公開しているところもあるほど。

これが一番わかりやすい!!


家は一生に二度もない大きな買い物。

お願いするなら信頼できる会社にお願いしたいですよね。


もっとも信用できないのは、いったん契約を断った後に、数百万も値下げしてくるような会社。

「途中で契約に難色を示したら、急に1000万も値下げしてきた会社があったのよ」
と不満そうに語る奥さまもいらっしゃいました。

1000万??

なんで最初からそれを掲示しないの?
そんなに取り分が多かったの?

と思っちゃいますよね。


コストを下げてきたが、本当に信用できる会社かどうか。

よく考えて家づくりにのぞんでくださいね。



たくさんの家を見てきた経験、多くのハウスメーカーや工務店、ビルダーを取材してきた経験、そして実際に設計をしてきた経験を活かし、田舎(山形県庄内地方)への移住支援、移住して家を建てようと考えている方に工務店を紹介したり、家づくりのアドバイスなども行っています。
詳しくはainak(アイナック)ホームページへ
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。