愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然が奏でる音、動物の鳴き声、芸能サウンドがあちこちに!!音楽が身近にあるまち、山形県酒田市!!



前回の記事で「酒田市を音楽のまちへ」プロジェクトにおける実行委員を募集しました。

しかし・・・

どうして「酒田市が音楽のまち?」って思う方も多いのではないでしょうか。

波しぶき

だって、酒田市には

波、川、滝といった自然の音・・・

虫や小動物、トンビやウミネコなどの鳥の鳴き音・・・

舞妓さんや北前太鼓などの芸能の音など

“音楽”が身近にあるんです。

太鼓



昔は商店街に足を運べば、何かしら音が流れてきたもの。

私自身、幼いころから“音楽”に慣れ親しんで育ってきました。


もしかしたらこのプロジェクトは、失われた音楽のまちとしての「再生」なのかもしれませんね。

STM


酒田市をはじめ庄内地方といえば「おくりびと」や「おしん」、「座頭市」のロケ地として有名ですが

「映画のまち」として

ひとつのブランドが形成されつつあります。

これは酒田市民の誇りでもあります。


私たちの想いは、

この「映画のまち」とともに「音楽のまち」としても有名にすること。

酒田市を映画と音楽の2軸カルチャーシティにできないかと思うのです。


そこでイメージとしてはあえて「映画」とは分離させたまちづくりを推進。

もともとあるまちの活性化の延長線上ではなく、酒田市というフィールドの中に「サカタサウンドシティ」なるもう一つのレイヤーをつくり、新しいまちをゼロから創り出していくようなイメージを考えています。

そして、ゆくゆくは、10000人規模の音楽フェスを開催し、それを継続していくという
壮大な目標を掲げています。

それの実現のために、まちの広場を利用したイベント、シャッター商店街などを盛り上げるイベントなど、
小中規模のイベントを酒田市で行っていく予定です。

音楽業界は低迷、飽和状態・・・

音楽フェスも乱立・・・

こうした中、いかに「継続性」を生み出していくかがまちづくりのカギとなります。

まずはさまざまな小・中規模のイベントで実績を創ること。

受け入れる地元のシーンが形成されていけば、
「継続性」のある大規模イベントも開催できるはずです!


市内外からまちに人が集まり、

もっともっと

まちの中でみんなが笑顔で声をかけあえるような。


もっともっと

みんながイキイキとお気に入りの楽器を持って行き交えるような。


そして、みんなで一緒に音楽を楽しめるような。



そんな楽しい酒田市を創っていくことが私たちの想いです。



弊社は山形県庄内地方への移住を支援しています。
詳しくはainak(アイナック)のホームページにアクセスしてみてください!
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ




FC2 Blog Ranking



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。