愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さて、仕事が決まった!次は移住先の住まいだ」。どんな助成・補助金制度があるのかな?



こんにちは、暑くなったり、寒くなったり、寒暖差が大きいので風邪気味の今日この頃です。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、最近よく移住希望者様に質問を受けるのは、家を建てたり、購入したりする際の行政の

補助金制度についてです。

消費増税も行われ、ますます関心が高まりつつあるのではないでしょうか。

今回は私が移住支援している山形県酒田市と鶴岡市の各制度について少し記載していくことにします。


まず酒田市

新築建築=「さかたの家づくり利子補給」
       柱などの構造材に酒田産の木材を6割以上使用して住宅を新築または新築分譲住宅を
       購入する場合、住宅ローンの利子の一部を市が負担してくれます。

      =「酒田市地域材利活用普及事業」
       市内の施工業者による住宅等の工事を行う方に、酒田産材の購入費用の一部を
       補助してくれます。

新築購入=「さかたの家づくり利子補給」 上記参照

中古購入=主な制度なし

増改築  =「住宅改善支援事業」 2014年4月1日より受付開始
       持家住宅の改善や改修などに必要な資金の一部を金融機関が無利子(市が利子を負担)
       で貸し付けしてくれます。
      
      =「酒田市地域材利活用普及事業」 上記参照
      
      =「住宅リフォーム総合支援事業」 2014年4月28日に予算額に達成

その他  =「太陽光発電システム設置費補助」
       自宅に太陽光発電システムを設置する費用を市が支援してくれます。

山居倉庫
↑↑酒田市にある山居倉庫

次に鶴岡市です。

新築建築=主な制度なし

新築購入=主な制度なし

中古購入=主な制度なし

増改築  =「鶴岡市住宅リフォーム支援補助金」
       自己が居住する住宅に関するリフォーム工事を市内業者と契約し工事する方に資金の
       一部を市が補助してくれます。

その他  =「鶴岡市再生可能エネルギ-設備普及促進事業費補助金」
       家庭等における再生可能エネルギ-設備の設置を行う者に設置の費用を市が
       支援してくれます。
      
       =「鶴岡市移住推進空き家利活用支援事業補助金」
       移住希望者、若者世帯、新婚世帯等が「NPO法人つるおかランド・バンク」が実施する
       空き家バンク事業を利用し、空き家を購入または賃貸借し改修する場合に、
       改修工事費を助成してくれます。

致道博物館
↑↑鶴岡市にある致道博物館

ちなみに山形県にも制度があります。

新築建築=「山形の家づくり利子補給」 2015年2月27日まで
       柱などの構造材に県産認証材を7割以上使用して一定の省エネ性能と高効率給湯器
       を有する住宅を新築または購入する場合や耐震建替住宅を建設する場合、
       住宅ローンの利子の一部を県が負担してくれます。
    
      =「山形県県産認証材『やまがたの木』普及・利用促進事業」
       山形県内に自ら居住するため、県産木材を使用して住宅を新築する方に対して、
       県が補助金を交付してくれます。

新築購入=「山形の家づくり利子補給」 上記参照


以上、主だったものをざっくりと紹介してみました。
制度は定期的に変わっていきますので
詳しくは県や市のホームページをご参照ください。


それと・・・最後に告知です!!

2014年5月19日(月)~21日(水)まで

「酒田祭り」が開催されます。


今の時期の庄内地方はポカポカ陽気で、とっても気持ちがいいです。

ぜひ、足を運んでみてください。


弊社は山形県庄内地方への移住を支援しています。
詳しくはainak(アイナック)のホームページにアクセスしてみてください!
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ




FC2 Blog Ranking



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。