愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個よりも全体でまちの活性化を狙え!!包装紙の統一化がまちを救う!?



福島県の柳津町でおもしろい試みがされています。

柳津観光協会が、まちの観光や物産をアピールしようと、

加盟店舗で商品や土産物に使う包装紙の統一に向けた取り組みを進めているのです。

デザインは会津大短期大学部産業情報学科の学生が考案。

今年中にデザインが固まる模様です。

この包装紙は、町内の土産物店や菓子店、旅館など数十店舗で利用されるそうです。

包装紙

「町内で使う包装紙の統一化」

これがなぜ、まちおこしにつながるのでしょう??


統一的な包装紙を使用することは、話題づくりになります。

そして包装紙を持ち帰った観光客に改めてまちを思い起こさせ、リピーターにつなげるのです。

このブログでも何度も主張してきましたが、地方都市は今、外部の人に魅力を伝え、まちをアピールしなければ、観光客はもちろん、移住人口も増えません。

事業税、住民税が増えなければまちは破たんします。

経済も活性化しません。


その状況の中、個でいくら活動しても限界があります。

つまり、店舗ごとに独自の包装紙を使うのではなく、まちが一つにまとまり、統一的な包装紙を使うことに意味があるのです。

これからはまちが一つになり、内輪だけでなく外部に発信していくことが求められているのです。

そういった意味で、柳津町の取り組みにはとても共感することができました。



弊社は山形県庄内地方への移住を支援しています。
詳しくはainak(アイナック)のホームページにアクセスしてみてください!
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ




FC2 Blog Ranking



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rashi0913.blog101.fc2.com/tb.php/138-c4a9342a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。