愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老舗そば店の危機!!火災なんかに負けるべからず



先日、鎌倉の老舗うなぎ店「浅羽屋」が閉店し、長い間受け継がれてきた伝統に幕を下ろしたお話をしましたが

昨日、またひとつ、多くの人に愛されてきた味と建物が消失してしまう危機に直面したお店がありました。


東京・千代田区神田淡路町にある

老舗のそば店「かんだやぶそば」

です。



ニュースで知った方も多いと思いますが・・・

そう・・・

火災があったのです。


神田やぶそば


今日はいてもたってもいれず、近くを通ったので足を運んでみました。

報道陣や警察、消防士をはじめ、多くのギャラリーに囲まれていました。


みなさんから聞こえてくるのが

「あ~悲しい・・・」という言葉。

中には涙を流している人もいました。


神田やぶそば料理棟


まだ水がしたたり、消火剤の白い粉がいたるところに付いていました。

奥のビルも真っ黒。

昨日は風が強く、あっというまに火の手に包まれてしまったと言います。



でも、よかった!

建物の外観はなんとか原型をとどめていますね。


ん~いやはや


一番の問題は代々受け継がれてきた「出汁」を失ったことですよね・・・


「かんだやぶそば」は、東京都に選定されている歴史的建造物。
現在の建物は関東大震災直後の大正12年(1923年)に建築されています。

そして創業は1880年にまで遡る。
幕末から明治にかけて団子坂(現在の文京区千駄木周辺)で営業していたそば店「蔦屋」から暖簾分けされたお店だと言います。

約130年受け継がれた濃厚な出汁。

東京大空襲のような戦災からも逃れたのに、なぜ今回、このような火災で・・・

本当に、もったいない。


ただ、まだ外観は残っています。

常連客の中には「味よりも建築物」と言う人もいるほど、すばらしい建築なので
郵政省や歌舞伎座のように、既存を保存しつつ再生していくような形で、なんとか次世代に受け継いでいってほしいですね。


味は変わっても、必ずまた足を運びますから!




ainak(アイナック)のホームページはこちら
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rashi0913.blog101.fc2.com/tb.php/25-a3369bd6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。