愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予期せぬ大地震に備える!!家族を守る強靭な住まいを追求!!



「2011.3.11」

昨日で東日本大震災から2年が経過しました。


この東日本大震災という大きな地震を経験し、昨今「耐震性の高い住まい」に関心が高まりつつあります。

事実、私は住宅業界の広告コンサルティングも行っていますが、昨年は構造に対する施主のニーズが高まり、雑誌やサイトでは「地震に強い住まいを謳う」会社であふれかえった時期がありました。

中には「この会社ってそんなに構造に力を入れてたっけ??」という会社さんもあります笑



家づくりは人の命までも左右してしまう一大イベントです。
安心、快適に暮らせる住まいを追求するべきです。

今日は「耐震」について少し語りますね。

鉄骨


住まいの耐震性能は、建築基準法で定められています。

昭和56年(1981年)に基準法は改正され、新耐震基準が整備されました。
(その前に建てられた住まいは耐震補強をしたほうがいいですね)

私が賃貸を借りるときも、できるだけ1981年以降建てられた物件を選ぶようにしています。

ただ、建築士による構造計算書の偽装が問題になった時期もありますので、一概にこの情報だけで安心構造を見極めることはできません。

また、阪神淡路大震災を教訓に、平成12年(2000年)に行われた建築基準法の改正では、木造住宅の接合金物の使用に関する改訂も行われています。ということは1981年以降の建物でも必ず安心できるものはないということになります。

木造住宅において、耐震性で特に重視すべきなのは「耐震壁の量とバランス」と考えます。

基礎・土台・柱を接合金物で緊結し、筋交いが入った耐力壁をバランスよく配置。できるだけ建物の形を正方形にし、1階と2階が真っ直ぐ通るように配置することが大切なのです。

基礎


家の形で理想的なのは「正方形」ですが、
では、地震に弱いのはどういう形の家かというと

・いわゆる正方形でない凸凹した形の間取りを採用した家。
・1階よりも2階のほうが大きく、2階の床が張り出したオーバーハングの家。
・1階に駐車場や開放的な店舗、ピロティを設置し、開口部が多い構造の家。
・本来、隅に柱があることが理想なのに、コーナー窓がある家。
・2階と1階の柱や壁が連動していない家。



以上のような構造でも、柱や梁を太くしたり、柱のスパンを狭くしたり、金物補強、ダブル筋交い、制振・免震装置の導入など、さまざまな方法で補うことが可能です。

しかしながら、正直、素人では限界があります。

私もこの辺にしてあとはプロにお任せするとして・・・

最近は構造設計一級建築士、木造耐震診断士なる資格もあり、専門家が在籍しているビルダーも増えてきました。
プロのアドバイスを受けながら、しっかり計画していくべきでしょう。

また、強度の高い集成材の接合部に独自の金物を用いるエヌ・シー・エヌさんの「SE構法」、木造と鉄骨造を組み合わせたパナソニックさんの「テクノストラクチャー工法」など、構造商品を導入し、地震に強い確かな住まいを追求しているビルダーもあります。


詳しくは各企業のホームページをご覧ください。


弊社は、たくさんの家を見てきた経験、多くのハウスメーカーや工務店、ビルダーを取材してきた経験、そして実際に設計をしてきた経験を活かし、田舎(山形県庄内地方)への移住支援、移住して家を建てようと考えている方に工務店を紹介したり、家づくりのアドバイスなども行っています。

詳しくはainak(アイナック)ホームページへ
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rashi0913.blog101.fc2.com/tb.php/38-dec303f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。