愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎に戻る!さまざまな「ターン」



先週、仙台に行ったときに時間が限られていたため、牛タンを食べずに帰ってきたことをいまだに後悔している五十嵐です。


ところでタンで思い浮かんだのですが、田舎暮らしで言うタン、つまり「Uターン」とか「Iターン」とかいう言葉を最近よく耳にしますが、皆さんその意味をご存知ですか?


今日はさまざまな「ターン」をご紹介しようと思います。


まずは「Uターン」。

これは、皆さんご存知かと思います。
田舎から都会に出て再び故郷に戻ることを言いますね。
高校卒業後、都会の大学に進み、卒業後ただちに田舎に戻る方、しばらく都会で就業してから田舎に戻る方などを指します。


そして「Iターン」。

これは、都会に生まれ育った人が、田舎への憧れや子育て、仕事上の都合で田舎に移り込むことを指します。
東京生まれ、東京育ちの友人がみなさん口々にいうのは、「五十嵐は故郷があっていいなぁ」という言葉。
地方出身の方が年末や夏休みに故郷に帰省する姿は、都会で育った方にとって、うらやましく映るみたいですね。


「Jターン」も近年よく耳に入ってきます。

これは、田舎から都会に出て、またほかの田舎に戻ること。
仕事の都合で出身地以外の田舎に移住する方が多いようですが、私のまわりには大学時代、車の免許を取得するために合宿で訪れた街が気に入って移住した、旅行で訪ねた街が気に入って移住したという方もいます。


さらには、「Wターン」という言葉もあります。

これは知らない方も多いのではないでしょうか。

いわゆる、田舎と都会の間を、何度も移住を繰り返すことを言います。
「再Uターン」と言う方もいますね。

実は「Wターン」者は意外と多いのです。
田舎から都会の大学に進み、田舎に戻って就職するが、低賃金に悩み、再度都会で再就職する方。
野心を捨てきれず、再度都会に進出する方。
都会から田舎暮らしを夢見て来るが、理想とかけ離れていたため、都会に戻る。その後、再び自分たちに合った田舎を求め、移住するという方もいるのです。


さて、あなたはどんな「ターン」を選びますか?


弊社は山形県庄内地方への移住を支援しています。
詳しくはainak(アイナック)のホームページをチェックしてみよう!
http://www.ainak-net.com/


ターン2

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rashi0913.blog101.fc2.com/tb.php/4-6f821f9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。