愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客層に変化の兆しアリ!?丸の内に新商業施設「KITTE」がオープン!!



今日は2013年3月21日にオープンした

「KITTE(キッテ)」

に行ってきました。


新しくオープンした商業施設には、まちづくりの調査や流行を把握するために、大体オープンから2週間以内には足を運ぶようにしています。


「KITTE」は、旧東京中央郵便局局舎を一部保存、再生し建設された「JPタワー」内にある、地下1階地上6階からなる商業施設です。

kitte内観


98店舗が入っており、大勢の人で賑わっていました。

そのうち47店舗が東京初進出というのも魅力的で、まわりの丸ビルや新丸ビル、OAZO(オアゾ)やiiyo!!(イーヨ!!)、大丸といった商業施設の激戦区の中で個性をしっかりアピールできていると思います。

内装設計は隈研吾さんが手掛け、フロアごとに木材や瓦、織物、和紙 など日本古来の素材を使用しており、落ち着いた雰囲気に仕上がっていました。

「KITTE」の名称には日本郵便が初めて手掛ける商業施設ということから「切手」「来て」の二つの意味が込められているそうです。

kitte看板


プロモーションツールも何か北欧デザインを感じさせるようなものでかわいらしく、私的にはとても共感を持てました。

東京駅


屋上庭園からは東京駅を真上から見下ろすことができました。

旧東京中央郵便局の局長室も当時の面影を残して、展示室として保存されており、見どころの一つ。

郵便局長室

郵便局長室内

入場無料の東京大学総合研究博物館「インターメディアテク」も楽しめました。
東京大学が所蔵する標本など、約7000点が展示され、一日いても飽きずにいられる場所でした。


客層としてはご高齢の方が結構いました。

新しい施設にしては少し異様な気もしましたが、ミュージアムというようなコンテンツ、内装デザインをみても幅広い層を取り込めそうな商業施設だと思います。

確かに流行は若者、女性から始まることが多いのですが、最近、地方でイベントを企画する人たちの話を聞くと、「ターゲットを絞る手法をやめ、幅広い層をターゲットにしないとユーザーが集まらない」と語る人もいます。

人口減少、少子高齢化が進む中、リアルのものを商材として提供する場合、その手法は変えなければならない時期にきているのかもしれません。

あくまで仮説ですが、もしかしたら先日記載した「湘南テラスモール」は、ターゲット設定も間違っていたために、客足が伸びない状況に陥っているのではないでしょうか。

「KITTE」は、まだオープンしたばかりなので、少し観察していきたいと思います。


弊社は山形県庄内地方への移住を支援しています。
詳しくはainak(アイナック)のホームページにアクセスしてみてください!
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rashi0913.blog101.fc2.com/tb.php/49-77b73467
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。