愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧東横線「渋谷駅」の地上ホームが激変!!こんな使い方もできるんだ!?



今日は三軒茶屋で仕事があり、その帰りに今話題になっている

東急東横線「渋谷駅」があった跡地

に行ってきました。


東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転の開始により、今までの地上ホームから地下に移転したのです。

( 過去記事:東横線&副都心線の相互直通運転は地域活性化につながるか!?交通を見直せば社会が変わる!! )


地上ホームの跡地はどう使われるのか気になっていましたが、さっそく有効的に使用されていました。

白看板


2013年3月28日からユニクロがTシャツ専門店「UT POP―UP!TYO(ユーティーポップアップトーキョー)」を開設したのです。
(4月7日までの期間限定で営業するそうです)

赤看板


案内表示や点字ブロックはホームだったときのまま残されていました。

広さ約660平方メートルの空間に「12000枚」のTシャツを陳列されていました。

会場

圧巻です!!

東横線



また、会場ではUT カメラで撮影すると割引券がもらえるキャンペーンも展開中。

さらに、ユニクロのTシャツを着たユーザーがスマホの専用アプリを使い、動画をユニクロの公式サイトにアップすると、動画が売り場内のスクリーンやサイト内に広告のように映し出されるサービスも行っているようです。

映像


さすが、ユニクロ!

線路をこんな風に利用するなんて。

アートの領域ですよね。

Tシャツ



東横線の移転は話題になっていたこともあり、バイラル効果もあります。

ある特定の場所を別の用途に変更してプロモーションに利用するという新しい試み。

コンバージョンとプロモーションをミックスさせた手法
は何かまちづくりや地域再生にも応用できそうです。

例えば解体される有名な建物に、ブランド力のあるお店や人を招き、今までの使い方と違う用途で使用する。
そして、この場所に絡めた限定キャンペーンを行うことにより、多くの人を誘致。
また、ユニクロの割引券のように、無料のものや割引サービスを提供するFREE戦略を取り入れる。
その話題性にあやかって、いろいろな人や店がコネクトしていけば周辺地域も潤うのではないでしょうか。




ちなみに、東急東横線「渋谷駅」の地上ホームは5月頃に解体されるそうです。

今後の動向も気になりますね。


弊社は山形県庄内地方への移住を支援しています。
詳しくはainak(アイナック)のホームページにアクセスしてみてください!
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rashi0913.blog101.fc2.com/tb.php/55-8ed2aad4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。