愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは靴を脱ぐことから!!「ぐーたら」は世界共通認識だ!!



私は今まで2000件近くの住まいにお邪魔して取材してきましたが、ようやく最近、

日本において「靴を脱がなくてもいい」スタイルの住まいに出会うことができました。

お住まいになられているのは日本人の方でしたが、長く海外で暮らしていたため、土足で暮らすライフスタイルを選らんだそうです。

靴


そもそもなぜ日本人は家の中では靴を脱いで暮らすのでしょう??


衛生面、掃除が大変、雨が多い、湿気が多いなど、さまざまな理由が浮かびますが、実はもっと根本的なところ。

つまり、「住まい」を通して「外」「内」を線引きするという感覚が強いからです。

どういうことかというと、
靴を脱いで敷居をまたいだところから「内」の世界ははじまります。

心から寛げる自分の領域=内=住まい

これが日本人の意識の中に根付いているのです。


家に帰ってきた瞬間、服を脱ぎすてるように部屋着に着替えちゃいますよね。
それがスーツや仕事着だったらなおさらです。

ですが、実はこの感覚は日本特有のもの。

寝室


海外では靴を履いているため、すぐに着替えたりしません。
着替えるのは寝室に入ってから。

海外の方は、靴を脱ぐことができる寝室が「内」なのです。

そしてリビングはまだ「外」空間。
リビングは客を招くパブリックな空間であり、、寝室、キッチン、ファミリールームなどがプライベートな空間という認識が強いようです。


ただ、日本の住まいの中にも、土足で暮らす場所を確保されていた時代があります。
それほど昔ではありません。
今でも住んでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

「町屋」といわれる住まいです。

町屋には「通り庭」という土間があり、靴のまま歩くスペースが空間の中にあったのです。

読んで字のごとく、家の表から、裏の庭にまで通じる道です。


何かの本で読んだのですが、実は裏庭にあるトイレから糞を汲み取り、その専門業者が通る道でもあったそうです。

つい最近まではバッキュームカーがホースで汲み取っている光景を見かけたりもしましたが、江戸時代は天秤棒を担いで汲み取りにきていたのだとか。


今回、靴で過ごす暮らしを数時間体験してきましたが、やっぱり家の中では靴を脱いで暮らしたい・・・

家のソファの上で「ぐーたら」お酒を飲むのが好きな私にはちょっと考えられません。


ただ最近は外国でも靴を脱いで過ごす方が増えています。

「ぐーたら」したいという気持ちは、世界共通なんですね笑



たくさんの家を見てきた経験、多くのハウスメーカーや工務店、ビルダーを取材してきた経験、そして実際に設計をしてきた経験を活かし、田舎(山形県庄内地方)への移住支援、移住して家を建てようと考えている方に工務店を紹介したり、家づくりのアドバイスなども行っています。

詳しくはainak(アイナック)ホームページへ
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rashi0913.blog101.fc2.com/tb.php/69-02a2c5c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。