愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスから学ぶ「田舎暮らし」!!カントリーロードを突き進め!!



昨日は栃木県の藤岡というところに、田舎暮らしに憧れ、都会から移住した人の取材をしてきました。

「近所の人がみんな優しいですね。自分のところで採れた野菜も持ってきてくれるんです。
先日は庭に近所のみなさんを招いてバーベキューを楽しみました。
自然がいっぱいで、子育てにもいい。都会では味わえない感動がありますね」

田舎暮らしを満喫しているようでした。



私は山形県酒田市への移住支援を行っていますが、

都会に暮らす方は、田舎の豊かな自然に憧れて移住を決意するという形

が多いように思います。


この田舎暮らしを理想」とする考え。

実はイギリスという国に学ぶことができそうです。

イギリスの田舎



イギリスカントリー志向はとても根強い。

日本のインテリア雑誌でも、カントリーデザイン特集といったページをたまにみかけますが

そもそもカントリースタイルはどのように生まれたかというと

産業革命の頃、工場経営で財を成した中産階級の方々が、地方に大豪邸を建てて住み始めました。
しかし、今のように通信技術が発達していないため、地方にいてはこれまでのように都市で工場経営ができなくなります。
そこで、工場経営者たちは再び、都会へ戻るのです。

その際、都会で暮らすための住まいに、地方の邸宅の様式を取り入れ、普及していったのが
カントリースタイル」の始まりといわれています。

邸宅


できれば田舎に暮らしたいが、都会でいたしかたなく田舎を真似た住まいに暮らしているのです。

確かに歴史を見ても、イギリスの王侯貴族はみんな地方の領主。
都市として発展したのは、工場が多くある場所。

また、イングリッシュガーデンなどが有名なように、イギリス人は自然を大切にする人々ということもわかりますね。

ピーターラビットの著者、ビアトリクス・ポターも自然を愛し、ナショナル・トラスト運動の創始者として
湖水地方の自然を守り抜いていますよね。


日本だって国土の70%が森林に覆われている国。

自然を大切にする国といえます。


田舎暮らしを理想」とする考え方。

もう少し日本にも根付いていくことを期待します。



弊社は山形県庄内地方への移住を支援しています。
詳しくはainak(アイナック)のホームページにアクセスしてみてください!
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rashi0913.blog101.fc2.com/tb.php/82-df8dada8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。