愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レールサイド」再考!!風景と一体化する交通インフラ!!



最近、JRさんが地域活性化事業に取り組み、沿線で農場などを運営しているニュースを耳にします。


そこで今日、取り上げたいのは

レールサイド



線路と言うのは、都市においては実に特殊で、宅地や道と接する部分にスケールの差による

「ニッチ」が若干生じています。


線路のまわりは多少盛り上がり、斜面が生じていますよね。

そこは特に都心の場合、「空き地」になっているのです。

最近では線路にコンクリートブロックを置いたり、自転車を放置する輩もいるため、フェンスで覆われている場合がほとんどですよね。

線路の空き地


今その「ニッチ」部分が見直され、緑地化=都市の庭」として生まれ変わろうとしています。

その大きな例が、先日取り上げた東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転による「渋谷」駅の地下化、小田急小田原線の「下北沢」駅、「世田谷代田」駅、「東北沢」駅のホーム地下化。

既存の線路を緑地や公園にする案が議論されているのです。

線路の菜の花畑


今までの単純に線路沿いを緑地化し、車窓からの風景を創ろうとした試みはよく知られています。

しかし、交通インフラを地下化し、地上を緑地化するという試みはここ最近になってからです。


小泉総理のときには、首都高の移設なども唱えられていましたね。


日本の未熟な過渡期に、さまざまな「ニッチ」が生まれたのです。

「地下化」という高等な技術が発達した今、インフラを巧みに風景に組み込み、

地域活性化の問題解決の糸口として再考されてきているのです。



弊社は山形県庄内地方への移住を支援しています。
詳しくはainak(アイナック)のホームページにアクセスしてみてください!
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ




FC2 Blog Ranking



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rashi0913.blog101.fc2.com/tb.php/84-1a9a20e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。