愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家相・風水は合理性を理解して採用すべし!!先人の知恵を取り入れた家づくりを実践!!



家相風水

にこだわって家づくりを行ったという方に出会います。


実際、約半分のお施主様が多少なりとも家相を気にする傾向にあります。
若い人たちの中にも本当に多いですよ。

中には設計の際に専門家や占い師に入ってもらう方もいるほどです。


一方、とくに宗教などに信仰心があつくない、迷信や盲信も信じないという人でも不思議と家相だけは気にするみたいです。

よくワイドショーなどで特集を組まれたりしていますが、一度気にするとやはり気になってしまうのが

家相マジックなんですね。

家相


そもそも家相とは、家の立地、環境から家の間取り、構造、住宅設備の位置などを

「方位」と「鬼門」、「禁忌」

の考え方にならい吉凶を判断するものと言われています。


これらは東洋に長年かけて根付いた、先人の知恵が凝縮された考え方。

住みやすい環境を追求した「合理主義的」な思想なんです。


いくつかご紹介いたしますね。

例えば、敷地。

日当たりの良い立地は大吉。
旗竿状の敷地、囲繞地は大凶とされています。

どこが合理的かと言うと、非難の面。

住宅密集地は避難が難しいため、防火地域に指定されたり、建築ができない地域などが建築基準法、民法などの法律で定められています。

納得ですね。

日本地図



また、間取りにおいては・・・
有名なのが「鬼門」「裏鬼門」 に玄関や窓、トイレなどの水まわりを作ると、家の中に悪いことが起きるとされています。

鬼門とは北東の方角、裏鬼門 とは南西の方角のことです。

古代の中国では北東と南西に強大な敵がいて、南西からは強い風が吹いてくる始末。
北東と南西に開口部や水まわりを配置しないというのは、住む人の安全と健康に配慮した結果生み出まれた考え方だったのです。

開口


ただ、考えてみてください。

日本の形自体、鬼門=北東から裏鬼門¬=南西にかけて延びていますよね。
山や海、川も同じ方向にあるわけで、地形によっては家相通りに家を建てるのは難しいはずです。
私は日本で家を建てる場合、そこまで神経質になる必要はないのではと思います。

さらに
キッチンが階段や寝室に近いのも凶とされます。

これは合理的。
火の元が階段、寝室に近いと火事の際、逃げ遅れてしまうということになりかねません。

床の高い家も吉とされています。
これはわかりますよね。
床下の換気につながり、湿気を防げるからです。


簡単にいくつか紹介しましたが、あくまで家相は昔の住まいに適した考え方。

現代においてはライフスタイルが変わり、家自体の構造も新しいものが出てきています。

すべてを鵜呑みにし、家相通りに建てる家は逆に暮らしにくい住まいにつながりかねません。

その家相・風水の合理性はどこにあるのか、しっかり背景を知ってから、取り入れることをおススメしたいですね。



たくさんの家を見てきた経験、多くのハウスメーカーや工務店、ビルダーを取材してきた経験、そして実際に設計をしてきた経験を活かし、田舎(山形県庄内地方)への移住支援、移住して家を建てようと考えている方に工務店を紹介したり、家づくりのアドバイスなども行っています。
詳しくはainak(アイナック)ホームページへ
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ




FC2 Blog Ranking



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rashi0913.blog101.fc2.com/tb.php/87-0c054ba6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。