愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一体、日当っていくらなの??大工さんの心の叫び!!



昨日はある大工さんと話す機会がありました。

最初は家づくりへのこだわりを聞いていたのですが、なぜか賃金の話に・・・

みなさん大工さんの日当っていくらだと思いますか?


全国建設労働組合総連合に加盟している大工さんには協定賃金というものが定められており、地域によっても異なるのですが

大体23000円~34000円です。

ただ一般的には業者それぞれで違ってくるため、10000円~20000円前後がほとんどではないでしょうか。

これを高いとみますか?安いとみますか?


よく見積書を見て「高い」と文句を言う施主もいますが

私は34000円でも安いと思っています。

施工中


なぜなら、毎日仕事があるとは限らないからです。
大雨や台風が来て仕事ができなければ、その日の日当はなくなります。
現場から声がかからない限り、失業状態になるのです。

また、危険も伴います。

非常にリスキーな仕事なんです。

原発の作業員は一日80000円と聞いたこともあります。
危険な仕事にはそれだけのものが必要ですよね。

さらに交通費も、釘やボンドなどの道具代も大工さんもち。
もちろん、給与所得控除なしの所得税や個人事業税、国民年金、健康保険などもこの中から出ていきます。

工期も限られているため、間に合わないとなると応援も呼ばなければなりません。
その費用も自分で支払わなければならないのです。

本当に酷な仕事なんです。
実は、若い人が大工になりたがらないのも、この賃金が問題。

昨日話をうかがった大工さんは

家づくりが好きでなければできない仕事だね。腕とプライドしか俺にはないよ」

と笑って言っていました。

その通りですね。

建築中


ある工務店は、大工のモチベーションを維持すべく、そして若い人も大工になってもらえるように

「社員大工」を導入していました。

仕事がなくても給料がもらえるので、大工は会社に貢献する。
会社が傾かない限り、仕事も安定的にある。
こういったサラリーマン的な要素を大工という仕事に持たせれば、若い人の中にも大工を目指すという人が増えるのではないか。
そんなふうにこの会社の社長はおっしゃっていました。


これから家を建てようと考えている方に言いたいのは

一生に二度もない家づくりなので、ぜひこだわってほしい。

ですが無茶な要望や急な変更はできるだけ避けるように。


大工さんの仕事を理解してから家づくりに臨みましょうね。

そうすればきっといい大工さんに巡りあうことができ、いい関係が生まれ、いい家をつくることができるのではないでしょうか。



たくさんの家を見てきた経験、多くのハウスメーカーや工務店、ビルダーを取材してきた経験、そして実際に設計をしてきた経験を活かし、田舎(山形県庄内地方)への移住支援、移住して家を建てようと考えている方に工務店を紹介したり、家づくりのアドバイスなども行っています。
詳しくはainak(アイナック)ホームページへ
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ




FC2 Blog Ranking



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rashi0913.blog101.fc2.com/tb.php/94-b6df0d87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。