愛アルイナカ

世界から注目される田舎創りを目指すアイナックのスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の外に出たくなくなる??高層住宅は育児に危険信号か!?



昨日はある高層マンションの取材をしてきました。

都市化の代表的なシンボルといえますね。


31階のお部屋を見てきましたが、

こんなに高いところ、景色はキレイだけど風は強いし、何かあったら怖いし、私はちょっと住めないな

というのが正直の感想です。

高層マンション


実は

高層マンションで暮らすことが人の心や体に影響を及ぼす」

というような論争は何十年も前から行われています。


科学的にはっきりしていないので私は明言しませんが、特に育児に影響を及ぼすという考えもあるようです。


そもそも高層住宅の問題点を挙げると

外出の際にエレベーターを使用しなければならないため、外出不足になり、子どもが不活発になりやすい点。

背の低い子どもは、エレベーター内で自分が暮らしている階のボタンを押すことができないため、必ず親と一緒でなければ外に行くことができないという世帯もあるほどです。

一日中外に出ないことが続き、いつもマンション内に子どもと一緒にいると何か心理的に不安になる親も多いと聞きます。

また、物の落下事故や、エレベーター犯罪などの危険、緊急時の避難が困難な点。

さらには、高層であるために、地上の自然と接触しにくい点なども大きな問題です。
樹木はフィトンチッドという芳香物質を放出しており、人間の精神的安定などを支える効果もあるといわれています。

フィトンチッド


考えてみたら高層階に来る虫や鳥が、地上で暮らす虫や鳥と異なるように、人間だって地上で暮らしたときと比べ、何かしら変化が起こっても不思議ではありません。

ただ、通勤距離が短い、付属施設が充実している、景色も良いなどメリットもたくさんあります。

高層で暮らすか、低層で暮らすかは、まずは親が高層マンション特有の子育てストレスがあるということを意識し、しっかりメリット・デメリットを考えて選択すべきでしょう。


家を出てまちの中に繰り出す人を増やすことを目的にまちづくりを行っている私としては、やはり外に出たくなくなるような住まいに暮らすことには些か否定的な姿勢を取ってしまいますが。



たくさんの家を見てきた経験、多くのハウスメーカーや工務店、ビルダーを取材してきた経験、そして実際に設計をしてきた経験を活かし、田舎(山形県庄内地方)への移住支援、移住して家を建てようと考えている方に工務店を紹介したり、家づくりのアドバイスなども行っています。
詳しくはainak(アイナック)ホームページへ
http://www.ainak-net.com/

株式会社ainak(アイナック)

Facebookページも宣伝

↓ いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
  これからも応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




山形県 ブログランキングへ




FC2 Blog Ranking



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rashi0913.blog101.fc2.com/tb.php/97-3c1278fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。